世の中は電力自由化の流れの中、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギー発電に注目が集まっています。
しかし、具体的に太陽光発電と風力発電がどのように違うのか理解している人はあまり多くありません。
そこで何が違うのか分からないという人もいると思うので、実際に太陽光発電と風力発電の違いを比較してみたいと思います。
まずは設置する場所についてです。
太陽光発電も風力発電も大きな場所が必要であることには変わりません。
ただ太陽光発電の方がより大きな面積の土地が必要になってきます。
風力発電は面積は太陽光発電より小さくても大丈夫ですが、風の強い地域に立てなければならないという縛りがあります。

周辺環境の違いを比較してみると、太陽光発電の場合反射熱で住宅に被害を与える可能性が有ります。
風力発電の場合は音に関する苦情が多いようで、機械音による音が出てしまう可能性があります。
気になるコストの面ですが、圧倒的に太陽光発電が有利です。太陽光発電は1KW当たり50万円が平均ですが、風力発電は1KW150万円ほどコストが掛かってしまいます。
風力発電は大体太陽光発電の3倍ものコストが掛かってしまう計算になるのです。このように比較してみると、太陽光発電の方が優れているように見えます。
風力発電に関しては未知数な部分が多いため、太陽光発電の方が普及率が高いのも頷けます。

太陽光発電について、私はここを参考にしました⇒太陽光発電 風力発電比較

関連記事


    昨今は、太陽光発電がビジネスモデルとして確立されてきているのではないかと考えられています。 このような動向は、全国の各地において見受けられ始めていると推測されていることから、長期的なスパンで太陽光発電…


    2011年に起きた東日本大震災による原発事故を受け、「省エネ」に対する社会的ニーズが急速に高まった近年、企業のみならず家庭でも様々な再生可能エネルギーが普及しています。 中でも太陽光発電を設置している…