外壁塗装を行う際に、もちろん塗料を選びます。塗料と言っても様々な種類が存在します。
ウレタンやフッ素などあり、それぞれが特徴をもち、機能が変わってきます。
そんな、塗料の一つにシリコン樹脂という物があります。
今回は、こちらのシリコン樹脂の特徴などを紹介したいと思います。
こちらの、シリコン樹脂を利用した塗装は、住宅の外壁塗装におけるおよそ7割から8割を占めています。
シリコン樹脂を利用した塗装は、値段と耐久性のバランスが良く、人気の高い塗料です。
シリコン樹脂には、遮熱機能がある物もあります。更には、汚れにくいようになっているシリコン樹脂もあります。
そして、シリコン樹脂には艶も色の種類も豊富なため、好みの物を選ぶことができます。お客さんだけではなく、塗装を行う業者さんからも、信頼されている塗料です。
ですが、シリコン樹脂の中にも、耐久性が低いシリコン樹脂があったりするので、注意が必要です。
こちらの、耐久性が低いシリコン樹脂は、「単層弾性」のシリコン樹脂です。
一般的なシリコン樹脂の耐久性が10から15年だとすると、単層弾性シリコン樹脂は、およそ7年程度です。
この違いは大きいと思います。
このように、注意が必要な点もありますが、シリコン樹脂を利用した外壁塗装は、良いと思います。

外壁塗装について、こちらも参考にしてください⇒外壁塗装 シリコン樹脂 塗装

関連記事