興味のある方は・・スイング アプローチ
アプローチというかロブショットを練習

あえて振りを自然に小さくするためにスタンスを狭めていきます。
その狭めていく容量は単純にこのフルショットの状況から
右足をこのように左足の方向に寄せていくだけ、これだけでいいんです。
これだけでボールは常にフルショットのときとほぼ同じ位置にきます。
ですがボール位置は真ん中からやや右寄りに見えます。
多くの方がその狭くするとボールの位置をこのように右足寄りにおいて
クラブヘッドをこのようにかぶせていって上からぶつけるイメージになる方が多くなります。
このようなボールのポジションでクラブを打とうとすると
実際にはクラブが抜けません抜けませんので多くのミスがともないます。
ですのでまずこのアプローチの基本というのは
ただクラブのこのような振り子のイメージのなかで
しっかり打ち抜けるそういったことをイメージできるようなセットアップ、
ボールの位置をまずつかんでいただきたいんです。
あとはここで大きなポイントここで手をどうしようとか
クラブヘッドをどうしようと考えるのではなくて
単純にこの胸をバックスイングで右方向インパクトフォロー方向に
このように胸だけで右、左というふうにですから腕の付け根を動かすことによって
勝手にクラブが動く、こういったイメージを持って打ってみてください。
ではやってみます。
もうこれだけでいいんです。
ピッチングが基準として決まればそれよりも球を上げたい止めたいという場合は
サンドウェッジ、アプローチウェッジに変えてあげる。
あ、もう少し足を出したいなと思えば
ピッチングから9番8番というふうにクラブが立った方向に変えてあげる。
この変化をクラブのチェンジだけで起こすことができます。
ですのでそういった意味でもそのちょうど真ん中にあるピッチングの距離感を覚えること、
これがすべてのアプローチの基本となるんです。

関連記事


    ダンスを習いたいと思っている人はダンススクールを探すのが良いのではないか?と思いますが、 どこでそういうところを見つけるのが良いのか?は迷うかもしれません。 ダンススクールというのは意外といろいろなと…


    無料アニメ動画については、スマホでも視聴することが可能です。最近の傾向としてはアラサー、アラフォー世代のアニメオタクも増加していることから、今後ますます技術革新がなされていくサービスだと考えられます。…


    スマホを操作して電子書籍を購入しておけば、移動中やお昼の時間など、場所を選ばずに楽しむことが可能だということです。立ち読みもできるため、店舗まで出向くなどという必要性がありません。 アニメの世界に没頭…